home

「全国児童館実態調査」報告

調査の概要

5年に1度、全国の児童館のご協力を得て実施

■調査の目的
 全国の児童館の施設概要、運営状況、活動内容等について総合的に調査することにより、個別の児童館の状況を把握し、全国または地域別の傾向等をつかみ、今後の児童健全育成のための環境の整備、充実を図るための基礎資料とし、その結果を広く情報提供することによって児童館の発展に役立てることを目的として実施しています。


■調査の対象  
  全国の児童福祉法第40条「児童厚生施設」に基づく児童館(屋内型児童厚生施設)、市区町村のすべてを対象とします。


■調査の基準日  調査年の10月1日


■抽出方法  悉皆調査


■調査事項  児童館の名称、所在地、記入者の連絡先等/施設の概要について/運営、活動、放課後児童クラブについて等  
       

調査結果(平成23年度)

調査報告書(概要:PDF 3.3MB)
市区町村調査票(PDF 50KB)

児童館調査票(PDF 420KB)

調査結果(平成18年度)

調査報告書(概要:PDF 332KB)
調査票(PDF 71KB)

調査結果(平成13年度)

◆平成13年度は厚生労働省が実施する「地域児童福祉事業等調査」に協力しました。
結果の概況(厚生労働省ホームページ)

調査結果(平成8年度)

調査報告書(PDF 4.5MB)

データ利用について

調査データの利用に関しては、こちらのお問い合わせページより当財団へお問い合わせください。

pagetop