home

識者・応援団からのメッセージ

生き方も子育てもシンプルに ……つるの剛士さんからのメッセージ

褒められたことで
ポジティブな僕になれた。

 

つるのさんつるの 剛士(つるの たけし)さん

1975年生まれ。福岡県出身。1997年『ウルトラマンダイナ』の主役を演じ、人気を博す。2007年には、バラエティ番組での珍回答が話題に。ボーカルユニット「羞恥心」は2枚のCDをリリースし、いずれもチャート2位を記録する大ヒットとなった。今夏、初の著書『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』を刊行。
将棋(2段)、ギター、ピアノ、トランペット、釣りなど多彩な趣味を持つ。


夫婦仲良く過ごすことが子育て

 僕、最初の子どもが生まれたときに、「新しい友だちができた!」って感じたんです。いまや三児の父親ですけど、三人とも僕の友だちという感覚。僕の仕事がオフのときも、親として「遊んであげる」んじゃなくて、「あそびに付き合ってもらってる」んです。一緒に出かけるのは、子どもを「あそびに行かせてる」わけじゃなくて、僕があそびたいだけ(笑)  僕は子どもって勝手に育っていくと思っていて。“子育て”に力をいれるというよりも、夫婦が仲良く生活することが大切。奥さんの話を聞いてあげたり、2人でお茶を飲んだり。奥さんの子育てのストレスって、それだけでだいぶ軽減させてあげられる。  

 子育てに力を入れる必要なんてないんです。とにかく夫婦が仲良くて、毎日を楽しく生きている。「朝起きたら、今日も幸せ」って思う。それを見ていれば、子どもたちも曲がらず、折れず、自然に自信を持って育っていくはずです。

親からもらった「根拠のない自信」

 やっぱり、子どもに自信をつけてあげられるのは、親の力だと思うんですよね。親から与えられた自信って、すごく大きい。親から褒められたことって心の中にいつまでも残っていて、それが今の自信につながっています。理屈なんかどうでもいいんです。根拠がなくたっていい。自分の子どもなんだから、良いところを見つけてあげて褒める。そうやって、「根拠のない自信」を子どもに与えてあげたいと思っています。  つるのさん家族

 だから僕は、子どもたちを褒めまくってますよ。それこそ、八割褒めて二割怒る。いつもガミガミ言っていたら、子どもは聞かなくなる。いつも自分を褒めてくれる人が怒るからこそ、子どもは「なんで怒られたんだろう」と思って話を聞くんです。

 

 

写真提供:(株)赤ちゃんとママ社

シンプルに考えれば道は開ける

 いまの世の中は情報が多すぎて、みんな頭でっかちになっちゃってるんじゃないでしょうか。難しい方、難しい方ばかりに頭がいってしまって、シンプルにものを見られなくなっている。これはイエスなのかノーか、これは良いのか悪いのか、それだけで考えていくと物事ってシンプルに捉えられるんです。一つの道を見つけたとき、物事って簡単になっていきます。「なるほど、こっちだ!」って道さえ発見できたなら、パズルの最後のピースがはまったみたいに、世界がはっきり見えてくるんです。

夢は親子二代でウルトラマン

 もはやウルトラマンシリーズは三世代で楽しめる作品なので、その作品に出られたことも自分の自信になっています。ゆくゆくは僕の息子をウルトラマンシリーズに出したいって考えているんです。制作の円谷プロにも売り込んでいるんですけど。それが実現したら、親子二代でウルトラマン役を演じることになるので、これは快挙ですよね。

 

つるのさん本つるのさん初のエッセイ『つるっつるの脳みそ  幸福な遺伝子』
ISBN978-4270003961 (2008/8) ランダムハウス講談社

(情報誌「じどうかん」2008秋号より)

pagetop